求人広告のことならreq.ad.tank[リクアドタンク]!都道府県別に求人広告情報をお伝えします。

SITEMAP

求人広告の種類

求人広告を出したいと考えても、たくさんの種類があり、何がよいのかよくわかりません。求人広告といえば求人サイト、自社サイト、新聞広告、フリーペーパー等があげられますが、これらの広告のメリット、デメリットは何でしょうか。
求人サイトには24時間365日、多数の求職者が訪れているので、様々なニーズにマッチングした求職者を探すことが可能です。
しかし、デメリットとしては、反響のある大手サイトになればなるほど掲載料金が高くなってしまいます。
自社サイトでの求人広告では、わざわざホームページまで来てもらえているので、非常にモチベーションの高い求職者に出会うことが可能です。
デメリットとしては、そもそも自社サイトにたどり着いてもらうためのseo等での対策が必要な点があげられます。
新聞広告での求人は、購読者の年齢層が比較的高いので、レベルの高い求職者を期待できます。しかし、全国紙ともなると掲載料が非常に高くなります。
最後に、フリーペーパーでの広告は、様々な年齢層が見ており、幅広い層から求職者を探すことができます。また、web版を用意している場合が多く、多数の応募を期待できます。デメリットとしては、気軽に応募できる分、意識が低い応募者も多くなってしまう点があげられます。

求人広告の出し方

では、実際にどのようにして求人広告を出せばよいのでしょうか。一番重要なことはターゲットを絞る、ということです。
先ほどの例で説明していきます。
求人サイトには、専門職の場合、専門サイトが存在する場合があります。専門サイトで広告を出すことで双方のニーズにマッチした広告を出すことが可能です。
次に自社サイトでは、もともと興味を持っている求職者に対し、自社サイトに誘導することによって、会社の活動をより深く知ってもらうことができ、入社後の齟齬を防ぐことができます。
新聞広告での求人は、サラリーマン等が読んでいることが多いので、キャリアアップ等を目指す転職希望者をターゲットにすることができます。また、業界紙や地方紙が存在するので、更にターゲットを絞ることが可能です。
最後に、フリーペーパーによる求人では、様々な年齢層が見ているため、アルバイトやパート等の求人に適しています。

http://kyujinban.jp/
みんなの求人板から探すならこちら

このページのTOPへ